• oda

邦人の資産隠し調査


国際的な脱税や租税回避を防ぐために経済協力開発機構(OECD)が策定した新制度を使い、国税庁が約50か国・地域の金融機関にある日本人の口座情報40万件を入手した。

新制度とはCRS(common reporting standard=共通報告基準)と呼ばれる仕組み。

各国の税務当局は自国の金融機関に外国に住む顧客(非居住者)の口座情報を報告させ、年1回、参加国間で情報交換する。

顧客の氏名、住所、口座残高、利子・配当の年間受け取り総額などが対象となる。

日本は18年から参加している。現時点では英領ケイマン諸島やパナマなどのタックスヘイブンを含む102か国・地域が加わっている。

米国は参加していない。

国税局は、国外財産調書と当該CRS情報とを照合し、海外の隠し資産をあぶり出す考え。

出典 2018/10/15 日経新聞 記事


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和4年9月6日読売新聞社は東京国税局がゴルフイベント企画会社の法人税脱税を報道しました。 6月29日付で法人税法違反の疑いで東京地検に告発していたということですのでいわゆる『マルサ』の仕事ですね。 有名女子プロゴルファーを招いた交流イベントの運営企画で儲かったが、税金を圧縮するため、架空のグッズ製作を委託したとする外注費を計上するなどの不正手口で関連会社含め約6900万円を脱税した疑い。 架空外

メールの件名「税務署からの【未払い税金のお知らせ】として国税庁からメールが来ました。 メール内容は以下の通りでしたが、例えば、所得稅の税の字が変?国税は延滞金ではなく「延滞税」です。客勛・・・何これ?など他にもツッコミどころ満載となっております。 みなさん決して詐欺めーるに引っかからないようにしてくださいね! 『e-Taxをご利用いただきありがとうございます。 あなたの所得稅(または延滞金(法律に

シェアリングエコノミーを巡る税務調査の状況 コロナ禍の巣ごもり、リモート勤務の普及で料理宅配サービスやクラウドソーシング等の需要が高まり市場規模も大幅に膨らんだ。 そんな中、当然、税務調査もこれに着目し集中的な調査を行っている。 国税庁が公表した2020年度の所得税調査によると暗号資産取引、ネット通販、ネットオークション、シェアリングビジネス、ネット広告、アプリ配信等のデジタルコンテンツ等に調査を