• oda

約1197億円課税取り消しで国税敗訴


日本IBMの持ち株会社である「IBM APホールディングス」は、東京国税局の税務調査で自社株売買取引の否認を受け、約4000億円の申告漏れを指摘されていました。追徴税額なんと約1197億円もの巨額追徴事案です。法人側はこの課税の取り消しを求めて訴訟を起こしていました。1審、2審とも国に全額の処分取り消しを命じており、今回最高裁で国の上告を退けたことから国の敗訴が確定したものです。

取り消しにより既に納められた本税を法人側に返すことは当たり前の話なのですが、問題となるのは「還付加算金」です。還付加算金とは、納め過ぎた税金に利子相当額を加算するものです。現在の利率は2%ほどとなっています。国税敗訴により法人側に支払われる還付加算金は100億円を超える見込みです。これは、全額国民が負担します。つまり国民から徴収した税金の中から支払われることとなります。

無駄な税金を使わないでいいように、当局側にはより慎重な課税が求められ、法人側にも直ちに違法とは言えないまでも、そのスキームにより多額の課税が回避できているなどの紛らわしい取引、行き過ぎた節税などは慎むべきものなのかもしれません。適法か違法か判断が難しいグレーゾーン取引に対する否認に果敢に取り組んだ当局側の姿勢、やる気はとても素晴らしいものだと思います。しかし、この巨額敗訴の教訓は、今まで以上に調査法人の取引の実態を確実に把握したうえでの適正で公平な課税に真摯に取り組まなければならないということだと思います。

過去の巨額の課税取り消し処分は、旧日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)の法人税約1480億円、武富士元会長の長男の贈与税約1330億円があります。

出典:20160220読売新聞朝刊記事から一部引用しています。


193回の閲覧

最新記事

すべて表示

中古マンション購入時の消費税、否認した国税敗訴

マンションの購入時に支払った消費税は、そのマンションの購入目的が家賃収入を得るためなのか、あるいは投資家等第三者への販売が目的なのかで処理が違ってくる。納める税金が変わってくる。 会社側は初めから販売目的で購入したマンションなので消費税は全額控除して申告していたが、国税当局は、マンションの購入から売却までの間、居住者から家賃を受け取っているとして、消費税の全額控除を否認していた。 東京地裁の判決で

人気アニメ制作会社の脱税 国税告発

人気アニメの制作会社が法人税など約1億円超を脱税したとして、東京国税局が同社と社長を法人税法違反と消費税法違反の疑いで東京地検に告発。 告発された会社は、アニメ制作のほか飲食店などを経営しており、その飲食店の現金売上げの一部を除外することで、法人税と消費税を脱税していた疑い。 東京国税局査察部の強制捜査で社長の自宅金庫から現金約3億円が押さえられた。 (2020/06/03 11:30 読売新聞オ

税務署での個別打ち合わせにて

税務調査の打ち合わせのため税務署で担当統括官と面談した時のこと。4名掛けのさほど大きくない面接テーブルに案内され、パーテーションでの細かい仕切りでの狭さにはだいぶなれてきましたが、今は、コロナ対策のため、テーブルの真ん中を分断するように飛沫防止のシールドが設えてありました。テーブル中央下には名刺、あるいは書類のやり取りのための小窓があって、まるで、刑事ドラマでよく見る留置場での面会シーン。統括官と

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル7階701-3

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署