税務調査を想定した勘定科目別のチェックポイント

 税務調査官は会社や個人事業主の調査に際し、経営形態、事業規模、商流、代表者の人となりなど綿密な準備調査と概況聴取等により事業実態を把握をし、その事業により動く「ヒト」「モノ」「カネ」の流れを具体的にイメージしていきます。

 事業における1年間の「ヒト」「モノ」「カネ」の流れを表現したものが貸借対照表及び損益計算書などの財務諸表です。

 財務諸表の過去から現在までのすう勢を比較・分析し、例えば金額変動の著しい勘定科目やイレギュラーな勘定科目に着目したうえで、請求書や納品書、領収証などの証拠書類との照合を行い、必要であれば取引先へ反面調査を行うことで、財務諸表に記載された数字が実際の「ヒト」「モノ」「カネ」の流れと合っているか、不審な点はないかなど税務処理の適否を一つ一つ確認していきます。

 ここでは、税務調査官は財務諸表上の勘定科目について「どのような観点で調査を行うのか」を見ていきたいと思います。

興味のある勘定科目をクリックしてみてください

損益計算書

(自平成○○年○月○日 至○○年○月○日 )

経常損益の部

営業損益の部

営業外損益の部

○○○○○

営業外収益

売  上  原 価

○○○○○

売  上  総  利  益

○○○○○

受取利息

○○○○○

受取配当

○○○○○

販売費及び一般管理費

○○○○○

○○○○○

役員報酬

従業員給料

資産売却益

○○○○○

雑収入

○○○○○

その他

○○○○○

その他

○○○○○

福利厚生費

租税公課

旅費交通費

地代家賃

通信費

減価償却費

消耗品費

広告宣伝費

寄附金

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

営業外費用

支払利息割引料

○○○○○

貸倒損失

○○○○○

資産売却損

○○○○○

雑損失

○○○○○

その他

○○○○○

その他

○○○○○

経常利益

○○○○○

接待交際費

保険料

研究開発費

支払手数料

雑費

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

営業利益

○○○○○

役員報酬

特別利益

□□□

○○○○○

□□□

○○○○○

□□□

○○○○○

特別損失

□□□

○○○○○

□□□

○○○○○

□□□

○○○○○

税引前当期利益

○○○○○

貸借対照表

(○○年○月○日 現在 )

(資産の部)

流動資産

現預金

売掛金

商品・製品

仕掛品

前払金

未収入金

その他

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

(負債の部)

流動負債

買掛金

短期借入金

未払金

未払費用

その他

その他

その他

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

固定資産

(純資産の部)

建物

機械装置

土地

有価証券

○○○○○

○○○○○

○○○○○

○○○○○

資本の部

資本金

資本剰余金

利益剰余金

○○○○○

○○○○○

○○○○○

その他

○○○○○

その他

○○○○○

藤沢市の税理士

小田隆一税理士事務所

 税理士には、法律により、お客様の秘密を守る義務が課せられています。

 お客様からの相談内容や各種申請・申告資料及びお問合せの内容など業務上知りえたお客様の情報・秘密を第三者に漏らすことはありませんので、安心してご相談下さい。

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル7階701-3

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署