• oda

「iTunes社」源泉徴収漏れ


所得税法は、日本法人が外国法人にロイヤルティなどを支払う場合、支払額の20.42%の源泉徴収を義務付けしている。

音楽・映像配信サービス「iTunes」のソフトウエアの著作権はアップルのアイルランド子会社が有している。

日本では、「アップルジャパン社」がiPhoneなどのアップル製品を販売し、ユーザーがiTunesなどの音楽・映像配信サービスを利用する際に「iTunes社」に対して手数料を支払っている。

「iTunes社」が得たこの手数料はロイヤルティとして、著作権者であるアップルのアイルランド子会社へ支払う必要がある。

「iTunes社」は、当該ロイヤルティの支払いに際し、別名目、つまり、他の支払いに上乗せする形で、アップルジャパンを通し、シンガポール子会社を通じてアイルランド子会社へ流していた。

「別名目にすることにより源泉税を逃れていた」「意図的な課税逃れ」と認定されてもおかしくはないが、当局は、通常の源泉徴収漏れとして、いわゆる、単純な経理ミスとして片づけている。

源泉課税逃れスキーム資料など、意図的な課税逃れを称する証拠資料の把握ができなかったためだと思われる。

読売新聞社の報道では、120億円の追徴額となっている。

#税務調査アップル源泉

0回の閲覧

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル5階501-7

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署