• oda

2016年1月から金融商品の課税が変わる


株式と債券に対する課税方法が統一されます。

従来は、

A 上場株式や株式投資信託に係る売買益や配当は、

  →「申告分離課税」対象で20%の課税でした。

B 個人向けの国債や社債など公社債や公社債投資信託については、

  →利子や分配金・・・「源泉分離課税」の対象で20%課税。

   償還前売却益・・・非課税。

   償還時に出た償還差益・・・雑所得で総合課税の対象。

これらが、2016年1月から、一律20%の申告分離課税に統一されます。

ということは、どういうことかというと、

課税の仕組みがシンプルになるということは当然ですが、

いままでできなかったAとBとの損益通算が可能になるということです。

株式で儲けた利益と公社債などの(残念ながら)赤字を相殺し課税金額を圧縮できるということ。

金融機関に「特定口座」を持っていない場合は、原則「確定申告」が必要になります。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大手広告代理店系社員による多額の架空発注

広告代理店のCM製作費の中に架空の外注費を紛れ込ませ、経理を通じ詐欺仲間の口座へ支払いを繰り返し、なんとその総額たるや3年で7億超とのこと。2021年2月2日付け日本経済新聞が報じている。 この金額は、表になった額、明らかになった額であり、本当の横領金額は相当額に膨らんでいることが想定される。 記事によると、業界を代表する超大手でありながら、CM受注とその製作費について、受注ごとの損益管理が不十分

国等からの主な助成金等で課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金等で課税となるものの例示です。(個別の助成金等により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・持続化給付金 ・家賃支援給付金 ・文化芸術・スポーツ活動の継続支援 ・東京都の感染拡大防止協力金 ・雇用調整助成金 ・GOTOキャンペーン事業における給付金

国等からの主な助成金等で非課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金で非課税となるものの例示です。(個別の助成金により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金 ・新型コロナウイルス感染症対応休業給付金 ・特別定額給付金 ・子育て世帯への臨時特別給付金 ・学生支援緊急給付金 ・低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金 ・新型コロナウイルス感染症対応従

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル7階701-3

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署