• oda

節税保険の話

経営者が死亡すると保険金が支払われるタイプの生命保険で、毎年支払う保険料を会社の経費に計上することで法人税の利益を圧縮し、結果、節税効果が得られる。

中途解約し払戻金を受け取った年度に役員退職金等を当て込めば課税を回避できるという節税効果がある。

国税当局としては、実質、当該節税保険の販売にストップをかけた!

「生命保険本来の趣旨から逸脱」「生命保険の目的は「節税?」ですか?」・・・

認可会社としては、そう言われれば、はいそうですかと従うしかない。

保険会社の営業努力、開発努力も相当であったと思うが、なにせ、売れに売れているので、当局としては面白くないのである。

#生命保険 #節税 #国税局 #税務調査


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大手ゼネコン所長の脱税

クラブ飲食代○○万円、ゴルフ代○○万円、コンパニオン代○○万円、接待旅行、奥様誕生日お祝贈答品代、現金手土産○百万円・・・接待供応金銭提供総額○億円超! 下請け業社の決定権者にもれなくついてくる副産物のようです。 ゼネコンにとっても、下請け発注額が水増しされ、その分、公共工事代金が嵩上げされる。結局、国民の血税が搾取されているという図式。

節税ねらいの減資

法人税法上、資本金の額が1億円以下の企業は中小企業軽減税率等の優遇措置を受けられる。 外形標準課税(地方税)は、企業が赤字でも事業の規模に応じて課税され、赤字でも一定の行政サービスの恩恵は受けているでしょうということで、従業員給料、賃借料等に応じて課税される地方税です。 資本金1億円以下であればこの税が課税対象外とされる。 2021/5/26読売新聞が報じた資本金を1億円に減資した企業の例として、

繰越欠損金を使った租税回避

繰越欠損金を持つ企業を合併することで自社の法人税を減少させることができます。 合併事案の多くはビジネス戦略、新たなビジネスモデルの創出など合併そのものに経済的合理性が認められます。この経済合理性があれば、どんなに多額の繰越欠損金を持つ企業と合併し自社の利益と相殺することにより法人税を一切納めなくとも何ら問題は生じないこととなります。 しかしながら、その合併に経済合理性がなく、「節税」が唯一の合併の