• oda

相続空き家何が問題?


空き家の多くは親からの相続物件だ。

田舎の家を相続しても都会に長く住んでいる子供たちはその家を持て余してしまう。

思い入れもあるので、そう簡単に手放したくない人々も多い。

誰も済まないのに毎年固定資産税、都市計画税を取られる。

人が住まなくなると傷みやすくなりメンテナンス費用等の維持管理費がかかる。

不動産コンサルタントからすれば、賃貸に回し採算をとろう!ということになるだろうが、

賃地に出すのもリフォーム代が莫大だ。

5~7年での採算改修スケを組まれても、高齢で相続した場合は二の足を踏む。

空き家を売却した場合、当該売却益から3000万円を控除でき節税になるが、1981年5月までに建てられた一戸建てであること、亡くなった人が一人暮らしをしていたこと、相続の発生からずっと空き家であることなどの条件がある。

売却の際にも相続発生の3年後の年末までに売却すること、建物を解体するか新耐震基準を満たした改修工事を行うこと、さらには売却価額が1億円以下であることなどの条件が用意されている。

適用条件が少し厳しいが、いざ売るとなった場合の節税効果はあるので、早めの検討が必要となる。

#相続税 #空き家 #節税

0回の閲覧

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル5階501-7

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署