• oda

消費税不正還付70億!


秋葉原の免税店が金製品の循環取引により消費税の免税制度を悪用し不正に70億円もの消費税を国から搾取していたと平成29年月10日付の読売新聞が報じた。

取引の表の流れはこうだ。

①免税店A社は関連会社Bから金製品1000万円を仕入れる(消費税80万円をBに支払う)。

②免税店A社は仕入れた金製品を訪日外国人に売る(消費税免税のため0円)。

 訪日外国人は免税商品を日本国内で購入し国外へ持ち帰れば購入時に消費税を払わなくて済む。

③免税店A社は、受取った消費税0円、支払った消費税80万円、差引80万円の消費税還付申告を税務署へ提出する。

国税が調査した裏の流れは、

①免税店A社は関連会社Bから金製品1000万円を仕入れる(消費税80万円をBに支払う)。

②訪日外国人に売ったことにする(書類だけ整える)。

③売ったことにした金製品を仕入先である関連会社Bに簿外で買い取らせる。

*A社とB社間で金製品を循環させるだけで、国から多額の消費税を搾取できる仕組み。

訪日外国人への販売実績がないことの裏付けをとるのは税務調査上大変な困難を伴うが、今回国税は対象となった訪日外国人のツアー工程表調査、名義貸しの事実調査、さらには税関との連携により多額の不正を暴いている。

消費税の税務調査は、年々厳しくなってきている。特に多額の還付申告の場合、いったん還付を保留し、形式上、あるいは実地上の調査を経たうえで還付を実行している。

#消費税 #税務調査

0回の閲覧

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル5階501-7

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署