top of page
  • 執筆者の写真oda

「本当は怖い税務調査」セミナー


昨日、藤沢法人会藤沢東支部、藤沢間税会合同研修会で「本当は怖い税務調査」と題し、セミナーを開催しました。

大勢の方にご参加いただき、おかげさまで大盛況でした。

セミナーのレジメはこんな感じになっております。

セミナーContents

​​

1.みんなが抱く税務調査のイメージ

2.自分の会社に調査にくる確率は?

3.こういう会社は要注意!

4.調査対応を誤ると!?

5.過去の調査を振り返ってみよう

6.税務署が今考えていること

7.税務調査官はつらいよ!?

8.税務署の本当の怖さ「高度な情報網と巨大な調査権限」

9.調査ターゲットになりやすい会社

10.税務署は3年寝かせる!

11.税務署の統括官が部下の調査官に指示することとは

12.なぜうちにくるのか?

13.調査時期による税務調査官の厳しさの違い

14.調査の周期は会社の調査対応次第!

15.「硬い会社だ!」という印象付けのコツ!

16.調査連絡を受けた後の大切な過ごし方

17.無予告調査で税務署がやりたいこと

18.税務署はここを見る(ベスト5)

19.理想的な調査クローズの方法

20.税理士はどっちの味方?

21.税務調査の結果は税理士次第でいくらでも変わる

22.税務調査のトラブル事例と対処法

23.マイナンバーで税務調査はこう変わる!

24.拙著「経理のためのマイナンバー実務がすべてわかる本」ダイヤモンド社

  (本の内容)

  経理の仕事は、2016年末から本格化します!   2016年1月から、社会保険事務を中心に開始したマイナンバー制度。経理担当者が直面する税務関連事務は2016年度末から本格的に開始  します。ただでさえルーティンの処理で精一杯の経理担当者に、降って湧いた災難としか思えないマイナンバー関連業務。そこで、何を、  どの順番で、どのように運用するのが一番効率的かつミスがないのか? 行政視点と経理の仕事を知り尽くした著者が教えます。そのまま使  える書式付!

25.税務調査に勝つ!

26.まとめ




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インボイス登録しない事業者のあぶり出しと税務調査

インボイス制度が導入された後、インボイス登録をしない事業者が直面する可能性のある税務調査とその影響について考えてみます。 インボイス制度は、消費税の正確な申告と納付を確保するために導入されました。登録は義務ではなく、選択制となっています。 インボイス登録をしない事業者が直面するリスクとしての税務調査の可能性。 インボイス登録をしない事業者は、ややもすると税務署の対象となり、税務調査を受ける可能性が

シェアリングエコノミーと税務調査

民泊、カーシェアリング、家事代行等幅広い分野に及ぶシェアリング。 国税局は2019年7月からシャアリングエコノミーに特化し情報収集するプロジェクトチームを発足させた。全国の国税局に200人規模という力の入れようだ。 2020年から、国税がシェアエコ、暗号資産(仮想通貨)等の取引仲介業者に対し、情報を照会できる仕組みが運用されている。 (照会の対象は取引による年間所得が1000万円超か違法取引の疑い

中古マンション購入時の消費税、否認した国税敗訴

マンションの購入時に支払った消費税は、そのマンションの購入目的が家賃収入を得るためなのか、あるいは投資家等第三者への販売が目的なのかで処理が違ってくる。納める税金が変わってくる。 会社側は初めから販売目的で購入したマンションなので消費税は全額控除して申告していたが、国税当局は、マンションの購入から売却までの間、居住者から家賃を受け取っているとして、消費税の全額控除を否認していた。 東京地裁の判決で

Comments


bottom of page