• oda

当たり馬券の税金と外れ馬券の経費算入


当たり馬券の税金と外れ馬券の経費算入

当たり馬券の所得区分は「一時所得」になります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。  この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)、競馬や競輪の払戻金

(2) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等

(3) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)

(4) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得の金額は、次の算式のとおりです。

 総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

(出典:国税庁HPタックスアンサー)

馬券を一時所得とするならば、一時所得の経費として認められるのは上記のとおり、直接的な費用以外に認められないこととなり、経費は当たり馬券の購入費用だけということになります。

大穴が的中した場合など、巨額の納税が発生することとなります。

一方、最近の判決事例では、馬券の購入を「営利目的の継続的な行為」と認定して、一時所得ではなく「雑所得」とみなし、外れ馬券も経費として認める判決をしています。

馬券の購入が「雑所得」となるための判断基準として、「回数や頻度、規模も当然考慮に入れるべきだ」と指摘したうえで、中央競馬のほぼ全レースの馬券を大量購入していたもの、独自のノウハウ(ソフト)で網羅的に馬券を購入していて多額の利益を恒常的に得ていたものが雑所得と認められ外れ馬券の経費算入を認めています。

JRAのシステムを利用してインターネットを通じて馬券を購入する場合、馬券の購入と払い戻しの履歴は全て残りますので、税務署には筒抜けとなっています。

 多額の払戻金がある場合、申告を怠ると間違いなく税務署からの呼び出しがあることでしょう。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本で初めて消費税が導入されたのは、1989年4月であり税率は3%でした。 これは、高齢化社会の訪れとともに起こる財源不足を懸念しての政策でした。 その後、1997年4月に5%に増税され、 将来のさらなる増税のための経過措置として2014年4月に8%に引き上げられました。 そして、2019年10月消費税は10%(軽減税率8%)となり現在に至ります。 このように、時代の流れとともに消費税は増えていま

令和3年分の確定申告期間も一部の延長申請分を除けば終了し、まん延防止措置も解除される見通しの中、いよいよ本格的に税務調査が行われる時期となりました。 コロナ禍なので、基本的な感染症対策を徹底することは当然のことながら、飲食関連企業、イベント関連企業等コロナにより業種全体が大打撃を受けた納税者や納税の猶予適用者への実地調査は遠慮しつつも、その他の業種への実地調査はコロナ前となんら変わることなく普通の

令和4年3月 16 日付けで国税庁はホームページで申告・納付期限の延長をされた方で振替納税をご利用の方へとして、 預貯金口座からの振替日を公表しました。 〇 申告所得税・・・令和4年5月 31 日(火) (3月 16 日(水)から4月 15 日(金)までに申告された方) 〇 消費税(個人事業主)・・・令和4年5月 26 日(木) (4月1日(金)から4月 15 日(金)までに申告された方