• oda

当たり馬券の税金と外れ馬券の経費算入


当たり馬券の税金と外れ馬券の経費算入

当たり馬券の所得区分は「一時所得」になります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。  この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)、競馬や競輪の払戻金

(2) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等

(3) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)

(4) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得の金額は、次の算式のとおりです。

 総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

(出典:国税庁HPタックスアンサー)

馬券を一時所得とするならば、一時所得の経費として認められるのは上記のとおり、直接的な費用以外に認められないこととなり、経費は当たり馬券の購入費用だけということになります。

大穴が的中した場合など、巨額の納税が発生することとなります。

一方、最近の判決事例では、馬券の購入を「営利目的の継続的な行為」と認定して、一時所得ではなく「雑所得」とみなし、外れ馬券も経費として認める判決をしています。

馬券の購入が「雑所得」となるための判断基準として、「回数や頻度、規模も当然考慮に入れるべきだ」と指摘したうえで、中央競馬のほぼ全レースの馬券を大量購入していたもの、独自のノウハウ(ソフト)で網羅的に馬券を購入していて多額の利益を恒常的に得ていたものが雑所得と認められ外れ馬券の経費算入を認めています。

JRAのシステムを利用してインターネットを通じて馬券を購入する場合、馬券の購入と払い戻しの履歴は全て残りますので、税務署には筒抜けとなっています。

 多額の払戻金がある場合、申告を怠ると間違いなく税務署からの呼び出しがあることでしょう。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年11月22日の読売新聞を開くと「小規模事業者 税軽減へ インボイス 消費税の2割 有力 政府検討」とある。 売り手は買い手に対し正確な消費税率や消費税額などを記載するなどの要件を満たした請求書、いわゆるインボイスを交付し、買い手はそれを確実に保存することで消費税の仕入税額控除を受けるという「インボイス制度」の趣旨が、どんどん崩されているようで、現在でも免税事業者への一定の軽減措置など税軽

インボイスが導入される令和5年10月1日前である今現在、普通に免税事業者からの請求書に消費税は記載されています。 消費税の仕入税額控除の面からもきちんと区分記載請求書の体裁が整っていればたとえ免税事業者との取引であっても仕入税額控除は可能です。 これが、インボイス制度後はどうなるのでしょうか。 インボイス登録事業者でない免税事業者が、消費税を記載した今まで通りの請求書等を発行することを禁止する規定

令和4年9月6日読売新聞社は東京国税局がゴルフイベント企画会社の法人税脱税を報道しました。 6月29日付で法人税法違反の疑いで東京地検に告発していたということですのでいわゆる『マルサ』の仕事ですね。 有名女子プロゴルファーを招いた交流イベントの運営企画で儲かったが、税金を圧縮するため、架空のグッズ製作を委託したとする外注費を計上するなどの不正手口で関連会社含め約6900万円を脱税した疑い。 架空外