• oda

工事進行基準


工事進行基準

収益の総額と原価の総額を事前に見積もり、工事の進み具合(実際にかかった原価の額などを基に計算)に応じて各期に収益を計上するものです。

建設、造船の請負契約、また、ソフト開発にも適用します。

工事完成時に一気に売り上げと原価を計上する工事完成基準に比べ、各期に実際に発生した原価を基にその割合で収益を分割して計上していくことで、各期別の企業業績を判断するのに客観性があるといわれています。

しかし、一般的に会計上の見積もりの不確実性が大きいため、重要な虚偽表示リスクが高くなる懸念があります。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大手ゼネコン所長の脱税

クラブ飲食代○○万円、ゴルフ代○○万円、コンパニオン代○○万円、接待旅行、奥様誕生日お祝贈答品代、現金手土産○百万円・・・接待供応金銭提供総額○億円超! 下請け業社の決定権者にもれなくついてくる副産物のようです。 ゼネコンにとっても、下請け発注額が水増しされ、その分、公共工事代金が嵩上げされる。結局、国民の血税が搾取されているという図式。

節税ねらいの減資

法人税法上、資本金の額が1億円以下の企業は中小企業軽減税率等の優遇措置を受けられる。 外形標準課税(地方税)は、企業が赤字でも事業の規模に応じて課税され、赤字でも一定の行政サービスの恩恵は受けているでしょうということで、従業員給料、賃借料等に応じて課税される地方税です。 資本金1億円以下であればこの税が課税対象外とされる。 2021/5/26読売新聞が報じた資本金を1億円に減資した企業の例として、

繰越欠損金を使った租税回避

繰越欠損金を持つ企業を合併することで自社の法人税を減少させることができます。 合併事案の多くはビジネス戦略、新たなビジネスモデルの創出など合併そのものに経済的合理性が認められます。この経済合理性があれば、どんなに多額の繰越欠損金を持つ企業と合併し自社の利益と相殺することにより法人税を一切納めなくとも何ら問題は生じないこととなります。 しかしながら、その合併に経済合理性がなく、「節税」が唯一の合併の