• oda

保有する仮装通貨を売却したとき


保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した際の所得の計算方法。

(例)

3月9日 2,000,000円(支払手数料を含む。)で4ビットコインを購入した。

5月20日0.2ビットコイン(支払手数料を含む。)を110,000

円で売却した。

保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、その売却価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額となります。

上記(例)の場合の所得金額は、次の計算式のとおり、

10,000円です。

110,000円-(2,000,000円÷4BTC)×0.2 BTC =10,000円

【売却価額】ー【1ビットコイン当たりの取得価額】×【支払ビットコイン】=【所得金額】

出典:平成29年12月1日仮想通貨に関する所得の計算方法等について(国税庁個人課税課情報第4号)

#仮想通貨

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

仮想通貨から「暗号資産」へ

5月31日に資金決済法の改正法が成立した。これに伴い、仮想通貨の呼称も「暗号資産」に変わった。

仮想通貨の税務処理

「億り人」。仮装通貨で億単位の大もうけした人を「億り人(おくりびと)」と言うそうです。 仮装通貨の税務上の取り扱いについて国税庁は、国税庁タックスアンサーNo.1524において「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」と題し、ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。このビットコインを使用するこ

「仮想通貨」改め「暗号資産」

金融庁は、仮想通貨の呼称を暗号資産に統一する方針を固めた。 仮想通貨は発行主体が不明瞭、価値の裏付けもないため、価格が乱高下する。このため、法定通貨と誤認して購入しないよう啓発する狙い。 国際的にも主要20か国・地域(G20)が今年3月の財務省・中央銀行総裁会議で、仮想通貨を「通貨の主要な特性を欠くと指摘し、「暗号資産」との呼称を使っている。 (20181215読売新聞から引用) #仮想通貨