• oda

使途秘匿金


使途秘匿金

使途不明金の支出とは、法人がした金銭の支出のうち、相当の理由がなく、その相手方の氏名(名称)、住所(所在地)及びその事由を帳簿書類に記載していないものです(措法62②)。

 通常の法人税に加え、その使途秘匿金支出額の40%が追加課税されます。

 1993年の政治家の脱税やゼネコン汚職等の事件で企業から政治家へのヤミ献金が社会的な大きな問題となったことを契機に租税特別措置法の改正で1994年に導入されました。

 先日、とある新聞で、2014年6月までの1年間に企業が支出先を明らかにしていない「使途秘匿金」として国税当局に申告した資金の総額が60億円で、24億円の制裁課税を受けていたと報道されました。使途秘匿金を支出した企業は1054法人だそうです。

 これは、「私は使途秘匿金を支出しましたよ」と正直に申告している法人の話です。売上除外や架空原価などでねん出した簿外資金などからコッソリ出している法人のほうがはるかに多く、報道はあくまでも氷山の一角のお話のようです。業種的には、圧倒的に建設業が多いようですね。商取引上の必要悪・・・?

不正資金は、最終的には大手企業から政治家等に渡るものの、その資金の源は、二次下請け、三次下請け、四次・・・等の中小零細業者がねん出したものです。

大手は羽振りがいいが、いつも泣かされるのは下請け業者です。


100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大手広告代理店系社員による多額の架空発注

広告代理店のCM製作費の中に架空の外注費を紛れ込ませ、経理を通じ詐欺仲間の口座へ支払いを繰り返し、なんとその総額たるや3年で7億超とのこと。2021年2月2日付け日本経済新聞が報じている。 この金額は、表になった額、明らかになった額であり、本当の横領金額は相当額に膨らんでいることが想定される。 記事によると、業界を代表する超大手でありながら、CM受注とその製作費について、受注ごとの損益管理が不十分

国等からの主な助成金等で課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金等で課税となるものの例示です。(個別の助成金等により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・持続化給付金 ・家賃支援給付金 ・文化芸術・スポーツ活動の継続支援 ・東京都の感染拡大防止協力金 ・雇用調整助成金 ・GOTOキャンペーン事業における給付金

国等からの主な助成金等で非課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金で非課税となるものの例示です。(個別の助成金により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金 ・新型コロナウイルス感染症対応休業給付金 ・特別定額給付金 ・子育て世帯への臨時特別給付金 ・学生支援緊急給付金 ・低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金 ・新型コロナウイルス感染症対応従