• oda

令和2年度の税務調査事績(法人編)

令和2年度における東京国税局の税務調査件数は新型コロナウイルスの影響により約2万5千件に留まり当然のことですが例年に比べて減少しています。

しかしながら、調査1件当たりの追徴税額は7,806千円と増加しました。

これは、従来から情報を蓄積してきた悪質な納税者に対しピンポイントで厳正な調査を実施する一方で、その他の納税者に対しても簡易な接触を実施し取りこぼしを少なくした結果によるものと考えられます。

主要な調査事例としては、消費税還付法人の主な不正の手口として次の事例を公表しました。「~架空の国内仕入れ(課税取引)及び架空の輸出売上げ(免税取引)を計上~ 調査法人は、取引実態がないにもかかわらず、国内での仕入れを装い架空仕入れ(課税仕入れ)を計上するとともに、国外への販売を装い架空免税売上げ(免税取引)を計上する方法により、多額の消費 税還付金を記載した消費税の確定申告書を提出し、不正に消費税の還付を受けようとしていました。」

消費税不正還付防止のための取組として、提出された消費税還付申告書について、まず、還付金の支払手続を保留した上で厳正な審査を行い行政指導や実地調査を行うことで消費税不正還付の防止に努めています。

還付金が遅いなと感じた時は、調査対象になっているかもしれないなどと覚悟することも必要かと思われます。

#税務署 #税務調査 #消費税


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本で初めて消費税が導入されたのは、1989年4月であり税率は3%でした。 これは、高齢化社会の訪れとともに起こる財源不足を懸念しての政策でした。 その後、1997年4月に5%に増税され、 将来のさらなる増税のための経過措置として2014年4月に8%に引き上げられました。 そして、2019年10月消費税は10%(軽減税率8%)となり現在に至ります。 このように、時代の流れとともに消費税は増えていま

令和3年分の確定申告期間も一部の延長申請分を除けば終了し、まん延防止措置も解除される見通しの中、いよいよ本格的に税務調査が行われる時期となりました。 コロナ禍なので、基本的な感染症対策を徹底することは当然のことながら、飲食関連企業、イベント関連企業等コロナにより業種全体が大打撃を受けた納税者や納税の猶予適用者への実地調査は遠慮しつつも、その他の業種への実地調査はコロナ前となんら変わることなく普通の

令和4年3月 16 日付けで国税庁はホームページで申告・納付期限の延長をされた方で振替納税をご利用の方へとして、 預貯金口座からの振替日を公表しました。 〇 申告所得税・・・令和4年5月 31 日(火) (3月 16 日(水)から4月 15 日(金)までに申告された方) 〇 消費税(個人事業主)・・・令和4年5月 26 日(木) (4月1日(金)から4月 15 日(金)までに申告された方