top of page
  • 執筆者の写真oda

人工知能(AI)と税務監査

英オックスフォード大のマイケル・オズボーン准教授の論文(2013年)によると、多くの職種が今後AIに取って代わられるとする。


税務調査による不正の発見は、過去のノウハウの積み重ね、研修の充実、調査手法の開発と研修、調査官の意識の高さと自己研鑽、調査官の過去の経験、センス、能力に基づいて行ってきた。

AIを調査に利用するということは、会計データをAIに登録し、分析させて、異常値を抽出し、それを端緒として、不正計算を見つけ出すこと。

AIに登録する会計データがそもそも正確じゃないとなんの意味もない。

不正をする会社のデータはそもそもが体裁を繕ったあとのデータだ。これを分析してもいみはない。

会社ごとにバラバラなデータを標準化する必要があるのかもしれない。

総勘定元帳はデータ化されていても、その証拠資料となる契約書、請求書等は紙ベースが未だ主流だ。これら外部資料のデータ標準化も課題。

#AI #人工知能 #税務調査



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

令和7年1月から収受印の押なつが廃止されます

国税に関する申告、申請、請求、届出等のほか納税者が国税著、国税局、税務署に提出するすべての文書で収受日付印の押なつが廃止されます。 税務行政のデジタル化への取り組みの一つということらしい。 金融機関での融資、住宅のほか各種ローン審査、入札、奨学金、補助金、助成金、保育園・・・これまでも様々な審査、算定の際に提出を求められてきた収受押なつ済みの確定申告書が出せなくなる。 誰もが電子申告や電子申請がで

インボイス登録しない事業者のあぶり出しと税務調査

インボイス制度が導入された後、インボイス登録をしない事業者が直面する可能性のある税務調査とその影響について考えてみます。 インボイス制度は、消費税の正確な申告と納付を確保するために導入されました。登録は義務ではなく、選択制となっています。 インボイス登録をしない事業者が直面するリスクとしての税務調査の可能性。 インボイス登録をしない事業者は、ややもすると税務署の対象となり、税務調査を受ける可能性が

インボイス制度と〈2割特例〉〜小規模事業者に係る税額控除に関する経過措置

令和5年10月1日から令和8年9月30日までの日の属する各課税期間において、免税事業者(免税事業者が「消費税課税事業者選択届出書」の提出により課税事業者となった場合を含みます。)が適格請求書発行事業者となる場合(注)には、納付税額の計算において控除する金額を、その課税期間における課税標準である金額の合計額に対する消費税額から売上げに係る対価の返還等の金額に係る消費税額の合計額を控除した残額に8割を

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page