• oda

人工知能(AI)と税務監査

英オックスフォード大のマイケル・オズボーン准教授の論文(2013年)によると、多くの職種が今後AIに取って代わられるとする。


税務調査による不正の発見は、過去のノウハウの積み重ね、研修の充実、調査手法の開発と研修、調査官の意識の高さと自己研鑽、調査官の過去の経験、センス、能力に基づいて行ってきた。

AIを調査に利用するということは、会計データをAIに登録し、分析させて、異常値を抽出し、それを端緒として、不正計算を見つけ出すこと。

AIに登録する会計データがそもそも正確じゃないとなんの意味もない。

不正をする会社のデータはそもそもが体裁を繕ったあとのデータだ。これを分析してもいみはない。

会社ごとにバラバラなデータを標準化する必要があるのかもしれない。

総勘定元帳はデータ化されていても、その証拠資料となる契約書、請求書等は紙ベースが未だ主流だ。これら外部資料のデータ標準化も課題。

#AI #人工知能 #税務調査



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

節税ねらいの減資

法人税法上、資本金の額が1億円以下の企業は中小企業軽減税率等の優遇措置を受けられる。 外形標準課税(地方税)は、企業が赤字でも事業の規模に応じて課税され、赤字でも一定の行政サービスの恩恵は受けているでしょうということで、従業員給料、賃借料等に応じて課税される地方税です。 資本金1億円以下であればこの税が課税対象外とされる。 2021/5/26読売新聞が報じた資本金を1億円に減資した企業の例として、

繰越欠損金を使った租税回避

繰越欠損金を持つ企業を合併することで自社の法人税を減少させることができます。 合併事案の多くはビジネス戦略、新たなビジネスモデルの創出など合併そのものに経済的合理性が認められます。この経済合理性があれば、どんなに多額の繰越欠損金を持つ企業と合併し自社の利益と相殺することにより法人税を一切納めなくとも何ら問題は生じないこととなります。 しかしながら、その合併に経済合理性がなく、「節税」が唯一の合併の

大手広告代理店系社員による多額の架空発注

広告代理店のCM製作費の中に架空の外注費を紛れ込ませ、経理を通じ詐欺仲間の口座へ支払いを繰り返し、なんとその総額たるや3年で7億超とのこと。2021年2月2日付け日本経済新聞が報じている。 この金額は、表になった額、明らかになった額であり、本当の横領金額は相当額に膨らんでいることが想定される。 記事によると、業界を代表する超大手でありながら、CM受注とその製作費について、受注ごとの損益管理が不十分