• oda

人工知能(AI)と税務監査

英オックスフォード大のマイケル・オズボーン准教授の論文(2013年)によると、多くの職種が今後AIに取って代わられるとする。


税務調査による不正の発見は、過去のノウハウの積み重ね、研修の充実、調査手法の開発と研修、調査官の意識の高さと自己研鑽、調査官の過去の経験、センス、能力に基づいて行ってきた。

AIを調査に利用するということは、会計データをAIに登録し、分析させて、異常値を抽出し、それを端緒として、不正計算を見つけ出すこと。

AIに登録する会計データがそもそも正確じゃないとなんの意味もない。

不正をする会社のデータはそもそもが体裁を繕ったあとのデータだ。これを分析してもいみはない。

会社ごとにバラバラなデータを標準化する必要があるのかもしれない。

総勘定元帳はデータ化されていても、その証拠資料となる契約書、請求書等は紙ベースが未だ主流だ。これら外部資料のデータ標準化も課題。

#AI #人工知能 #税務調査



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

オリンピックの報奨金

8月8日に閉会の東京オリンピック、すったもんだで始まったかと思いきや終わってみればあっという間でした。 選手の頑張り奮闘ぶりに興奮し元気をもらった方も多かったのではないでしょうか。 メダル獲得数も過去最多で、金メダル27個、銀メダル14個、銅メダル17個でした。 JOCからメダリストへ報奨金が支払われるようです。 この報奨金、金は500万、銀は200万、銅は100万とされていて、もらっても税金はか

大手ゼネコン所長の脱税

クラブ飲食代○○万円、ゴルフ代○○万円、コンパニオン代○○万円、接待旅行、奥様誕生日お祝贈答品代、現金手土産○百万円・・・接待供応金銭提供総額○億円超! 下請け業社の決定権者にもれなくついてくる副産物のようです。 ゼネコンにとっても、下請け発注額が水増しされ、その分、公共工事代金が嵩上げされる。結局、国民の血税が搾取されているという図式。

節税ねらいの減資

法人税法上、資本金の額が1億円以下の企業は中小企業軽減税率等の優遇措置を受けられる。 外形標準課税(地方税)は、企業が赤字でも事業の規模に応じて課税され、赤字でも一定の行政サービスの恩恵は受けているでしょうということで、従業員給料、賃借料等に応じて課税される地方税です。 資本金1億円以下であればこの税が課税対象外とされる。 2021/5/26読売新聞が報じた資本金を1億円に減資した企業の例として、