• oda

マイナポータルから電子申告も


国税庁は、平成29年1月16日からマイナポータルの「もっとつながる」機能を利用してマイナポータルと電子申告のe-Taxをつなげた。

マイナンバーカードを使いマイナポータルにログインすれば、e-Tax上で入力していた「利用者識別番号」と「暗証番号」の入力が不要になる。

メッセージボックスの確認、納税証明書の交付請求、源泉所得税、法定調書の手続きが可能となるが、今のところ、所得税の確定申告書の作成はできない。

所得税の確定申告書の作成には、従来通り、国税庁HPの確定申告書作成コーナーを利用することになる。

#マイナポータル #イータックス #マイナンバー

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

確定申告の期限が延長されました!

税理士事務所にとっては、ものすごく助かった感がありますね。 でも、街中はパニックの様相が出てきており、マスクの買いだめに始まり、いよいよオイルショック並み!? にトイレットペーパー目当てに長蛇の列! 乾パン、ラーメンも売り切れだそうですね。 早く終息することを願うばかりです。 以下、申告期限延長の国税庁発表資料です。 令和2年2月 27 日 国税庁 申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・

なんで手作業なの?

ふるさと納税のワンストップ特例を利用するためには、申請書にマイナンバーを付記したうえで、本人確認書類(例えば運転免許証など)の写しを申請書と一緒に同封して「郵送」する必要がある。 ICチップ付のマイナンバーカードもありながら、なぜか手作業となり、寄附者の手間だけでなく自治体側も1通1通開封し、マイナンバー関連のデリケートな書類を慎重に確認しマイナンバーをチェックしなければならないという膨大な手間が