• oda

フェイスブック英国法人の法人税はいくら?


フェイスブック英国法人の法人税は、わずか80万円。

経済協力開発機構(OECD)が多国籍企業の租税回避スキーム防止に取り組む中、タックスヘイブン(租税回避地)を利用してきた多国籍企業(マスコミで注目されている企業としては、スターバックス、アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック、コカ・コーラ、インテルなどが有名)は、そのビジネスモデルの見直しを迫られている。

フェイスブックの節税

法人税が12.5%と低いアイルランドに国際本社を置き、さらにケイマン諸島(カリブ海)に利益を移転させる(ケイマン諸島の法人税は無税。)

スターバックスの節税

1、コーヒー1杯、○%の知的財産使用料を関連会社に支払い所得を移転。

2、スイス、オランダ、英国等を介在させるコーヒー豆購入スキームで低課税国のスイスに利益を移転。

3、子会社や関連会社間で資金を融資し必要以上の高い利息を支払うことにより関連会社に利益を移転。

アップルの節税

ロイヤリティの支払いとして、アイルランド、英領バージン諸島(カリブ海)の子会社に利益を移転。

ダブルアイリッシュ・ウイズ・ダッチサンドイッチ

法人税率が低いアイルランドやオランダの子会社を取引に介在させ、節税スキームを組成する。利益を低税率の国に移転させることによりグローバルでの節税最適化を図る方法で米国の多国籍企業に多く見られた。


10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

大手広告代理店系社員による多額の架空発注

広告代理店のCM製作費の中に架空の外注費を紛れ込ませ、経理を通じ詐欺仲間の口座へ支払いを繰り返し、なんとその総額たるや3年で7億超とのこと。2021年2月2日付け日本経済新聞が報じている。 この金額は、表になった額、明らかになった額であり、本当の横領金額は相当額に膨らんでいることが想定される。 記事によると、業界を代表する超大手でありながら、CM受注とその製作費について、受注ごとの損益管理が不十分

国等からの主な助成金等で課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金等で課税となるものの例示です。(個別の助成金等により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・持続化給付金 ・家賃支援給付金 ・文化芸術・スポーツ活動の継続支援 ・東京都の感染拡大防止協力金 ・雇用調整助成金 ・GOTOキャンペーン事業における給付金

国等からの主な助成金等で非課税となるもの

新型コロナウイルス感染症関連で国等から支給された主な助成金で非課税となるものの例示です。(個別の助成金により課税関係は異なりますので、法令等を参照してご確認ください。) ・新型コロナウイルス感染症対応休業支援金 ・新型コロナウイルス感染症対応休業給付金 ・特別定額給付金 ・子育て世帯への臨時特別給付金 ・学生支援緊急給付金 ・低所得のひとり親世帯への臨時特別給付金 ・新型コロナウイルス感染症対応従