top of page
  • 執筆者の写真oda

フェイスブック英国法人の法人税はいくら?


フェイスブック英国法人の法人税は、わずか80万円。

経済協力開発機構(OECD)が多国籍企業の租税回避スキーム防止に取り組む中、タックスヘイブン(租税回避地)を利用してきた多国籍企業(マスコミで注目されている企業としては、スターバックス、アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブック、コカ・コーラ、インテルなどが有名)は、そのビジネスモデルの見直しを迫られている。

フェイスブックの節税

法人税が12.5%と低いアイルランドに国際本社を置き、さらにケイマン諸島(カリブ海)に利益を移転させる(ケイマン諸島の法人税は無税。)

スターバックスの節税

1、コーヒー1杯、○%の知的財産使用料を関連会社に支払い所得を移転。

2、スイス、オランダ、英国等を介在させるコーヒー豆購入スキームで低課税国のスイスに利益を移転。

3、子会社や関連会社間で資金を融資し必要以上の高い利息を支払うことにより関連会社に利益を移転。

アップルの節税

ロイヤリティの支払いとして、アイルランド、英領バージン諸島(カリブ海)の子会社に利益を移転。

ダブルアイリッシュ・ウイズ・ダッチサンドイッチ

法人税率が低いアイルランドやオランダの子会社を取引に介在させ、節税スキームを組成する。利益を低税率の国に移転させることによりグローバルでの節税最適化を図る方法で米国の多国籍企業に多く見られた。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

インボイス制度が導入された後、インボイス登録をしない事業者が直面する可能性のある税務調査とその影響について考えてみます。 インボイス制度は、消費税の正確な申告と納付を確保するために導入されました。登録は義務ではなく、選択制となっています。 インボイス登録をしない事業者が直面するリスクとしての税務調査の可能性。 インボイス登録をしない事業者は、ややもすると税務署の対象となり、税務調査を受ける可能性が

令和5年10月1日から令和8年9月30日までの日の属する各課税期間において、免税事業者(免税事業者が「消費税課税事業者選択届出書」の提出により課税事業者となった場合を含みます。)が適格請求書発行事業者となる場合(注)には、納付税額の計算において控除する金額を、その課税期間における課税標準である金額の合計額に対する消費税額から売上げに係る対価の返還等の金額に係る消費税額の合計額を控除した残額に8割を

クレジットカード会社がそのカードの利用者に交付するクレジットカード利用明細書は、そのカード利用者である事業者に対して課税資産の譲渡等を行った他の事業者が作成及び交付する書類ではなく、また、課税資産の譲渡等の内容や適用税率など、適格請求書の記載事項も満たしませんので、一般的に、適格請求書には該当しません。 そのため、高速道路の利用について、ETCシステ ムにより料金を支払い、クレジットカードで精算を

bottom of page