• oda

ビットコインを巡るニュース


2013年、キプロス財政危機の銀行預金封鎖措置の金融避難先としてビットコインが注目された。

2013年末、中国の投資ブームでビットコイン価格が急騰。

中国や香港ではビットコインを「比特幣」と呼ばれている。中国人民銀行は仮装通貨に否定的な立場をとる。

2014年、日本のビットコイン取引所(マウントゴックス)が破たん。

これを境にビットコインは乱高下する「投機的金融商品」という市場評価から脱皮しつつある。

2016年8月、香港拠点の取引所がハッカー被害にあい、顧客口座のビットコイン約65億円相当が盗まれた。

#ビットコイン仮装通貨

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

仮想通貨から「暗号資産」へ

5月31日に資金決済法の改正法が成立した。これに伴い、仮想通貨の呼称も「暗号資産」に変わった。

仮想通貨の税務処理

「億り人」。仮装通貨で億単位の大もうけした人を「億り人(おくりびと)」と言うそうです。 仮装通貨の税務上の取り扱いについて国税庁は、国税庁タックスアンサーNo.1524において「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」と題し、ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。このビットコインを使用するこ

「仮想通貨」改め「暗号資産」

金融庁は、仮想通貨の呼称を暗号資産に統一する方針を固めた。 仮想通貨は発行主体が不明瞭、価値の裏付けもないため、価格が乱高下する。このため、法定通貨と誤認して購入しないよう啓発する狙い。 国際的にも主要20か国・地域(G20)が今年3月の財務省・中央銀行総裁会議で、仮想通貨を「通貨の主要な特性を欠くと指摘し、「暗号資産」との呼称を使っている。 (20181215読売新聞から引用) #仮想通貨