• oda

オリンピックメダリストに課税!?


たくさんの感動をもらった平昌オリンピックが2月25日閉幕しました。

冬季オリンピックでは史上最多13個のメダルの獲得でした。

​メダリストには日本オリンピック委員会(JOC)から金メダル500万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円のスポーツ報奨金が支給されます。

​さて、この報奨金に税金は課税させるのでしょうか?

​気になりますよね。

国税庁によるとJOCから支給される報奨金は非課税だそうです。

JOC加盟団体(例えば日本スケート連盟とか全日本スキー連盟など)についても最大300万円までは非課税となります。

ただ、所属企業やスポンサーからのボーナスには課税されるようです。

カーリング女子の銅メダル!「そだねー」良かった!LS北見も盛り上げてくれましたよね。日本カーリング協会には報奨金制度の規定はないそうです。しかし前向きに支給を検討されるのでしょう。スポンサーのJA全農は、なんと「米100俵」の支給を決定しています。この「米100俵」は課税対象となるのでしょう。

#所得区分 #税務調査 #メダル

0回の閲覧

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル5階501-7

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署