• oda

お相撲さんの申告


最近の相撲ブームで気になって調べるとお相撲さんに個別通達が出ていました。

昭和34年3月11日付で国税庁は「力士等に対する課税について」という個別通達を出している。

それによると、日本相撲協会がの規定に基いて年寄、力士、行司等に支給する次のものについては、次の所得の種類区分により課税する。

イ  年寄名跡金、参与である年寄に支給される金額、養成費、養成補助費、行司養成費、装束補助費、養成奨励金、力士褒賞金、幕下以下奨励金などについては、給与所得

(協会規定に基づくもので給与となります)

ロ 表彰金及び名誉賞については、一時所得

 (約1千万円とも言われている優勝賞金、及び各200万円ほどもらえる殊勲、敢闘、技能の三賞)

次に掲げる所得については、それぞれ次の所得の種類区分により課税する。

但し、ホに掲げる祝儀のうち、祝宴会において贈呈されるもので、少額なものについては、しいて課税しなくてもさしつかえない。

イ 力士がスポンサーから受ける賞金については、事業所得

 (いわゆる懸賞金、取組前にのぼりをもって土俵上を回るもので1本あたり5~6万ほど)

ロ 力士又は年寄が給金割により分配を受ける地方巡業の益金については、事業所得

 (協会の給与等規定に基づくものではなく、巡業に出た対価としての事業所得)

ハ 協会が力士の後援会に対して支払う切符販売の手数料については、当該力士の雑所得

 (相撲から少し離れたもの)

ニ 力士が後援会から受ける金品については、一時所得

 (これは、対価性がないので一時所得)

ホ 力士が後援会等から受ける祝儀については、次によること。

(イ) 法人から受けるものは一時所得

(ロ) 個人から受けるものは贈与

ヘ 力士が引退するに際して行われる引退興業に係る所得については、当該力士の事業所得


#大相撲 #確定申告 #所得区分

39回の閲覧

最新記事

すべて表示

確定申告の期限が延長されました!

税理士事務所にとっては、ものすごく助かった感がありますね。 でも、街中はパニックの様相が出てきており、マスクの買いだめに始まり、いよいよオイルショック並み!? にトイレットペーパー目当てに長蛇の列! 乾パン、ラーメンも売り切れだそうですね。 早く終息することを願うばかりです。 以下、申告期限延長の国税庁発表資料です。 令和2年2月 27 日 国税庁 申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・

アクセス

〒251-0041

 神奈川県辻堂神台1-3-39

       オザワビル5階501-7

お電話

     0466-38-6117

FAX

     0466-38-6118

業務対応地域は、東京23内全域、神奈川県全域をカバーいたします。その他の地域の方はご相談ください。

東京国税局

○東京23区内の各税務署

○神奈川県下各税務署

厚木税務署、小田原税務署、神奈川税務署、鎌倉税務署、川崎北税務署、川崎西税務署、川崎南税務署、相模原税務署、鶴見税務署、戸塚税務署、平塚税務署、藤沢税務署(藤沢市 茅ヶ崎市 高座郡)、保土ケ谷税務署、緑税務署、大和税務署、横須賀税務署、横浜中税務署、横浜南税務署